1/1

開業サポート

​開業サポート無料相談始めました!!

​合同会社Noaでは、訪問介護事業所とグループホームの開業の実績がございます。

訪問介護事業をするにあたっては、まず法人格を取得しなければなりません。また、準備期間が必要となります。

前準備をしっかり行い、無駄なく開業ができるようサポートさせていただきます。

きちんと情報を集め開業を進めていくことで、大事な時間や資金を最小限に抑えることが可能です!

豊富な経験がございますので、安心してご相談ください。

訪問介護事業の始め方は?

1、訪問介護事業の為、会社を設立します。

訪問介護事業を始めるには、法人格(株式会社・NPOなど)を持つことが必要です。既に介護以外の業種を行っている法人がある場合は、定款の目的の変更と登記も変更しておきましょう。手続きによっては時間がかかる場合もあるため、余裕をもって準備します。

2、基本的な事業者情報を決めていきます。

名称や営業時間等を決めていきます。

3、事務所や備品等の準備をします。

まずは最低限必要な電話機・FAX、パソコン・プリンター、鍵がかかる書棚・書庫、事務・相談スペースに置く机・椅子、手洗い用石けん・消毒液などです。

4、人員の確保をします。

訪問介護事業には、管理者、サービス提供責任者、訪問介護員が必要となります。これらの人員を確保していきます。他に、サービス提供責任者や訪問介護員、介護福祉士の資格証等も必要となります。

5、申請の準備・作成と提出をします

都道府県・市町村など行政の窓口を事前確認し、必要な申請書類を作成します。書類は多岐にわたるため必ず窓口で確認が必須です。書類を提出(受理)したあとは審査後に決定の通知を受ける流れとなります。

半年先や1年先の開業、開業をご検討されている方、まずは一度お気軽にご相談ください。

​☎ 096-288-5725

annai.jpg